べたべた肌。保湿しないOR保湿する。あなたはどちら?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

お肌は親友 お肌はこころ
堺市北区のエステセラピスト 松本千依です。

フェイシャルサロン
キャトルフィーユのオーナーです。

いつも読んでいただき、
ありがとうございます。

汗をかく毎日。
☑べたべた肌になるから保湿は化粧水だけ。
☑ニキビができているから、乳液やクリームは省いている。
☑日頃のお手入れはサッパリ系の化粧水を手で軽くつけている。

いかがですか。
3つの中で1つでも心当たりがありませんか。

肌は一生懸命潤わそうとがんばっている

肌に油分が足りないとき、皮脂はどんどん出てきます。
乾燥しているぞ!脂をだそう!
と脳が指令をだしているのです。

肌の表面には皮脂腺から分泌される皮脂と
汗腺からでる汗とが混ざり合ってできる
天然のクリームといわれる
皮脂膜があります。

肌の水分や油分が足りないと
皮脂膜をつくろうと、
どんどん皮脂を出してくれるのです。

皮脂膜がとっても大切で、
肌の乾燥を防いだり、
外界の刺激から肌を守ったり、
肌に柔軟性や弾力性を与えてくれる働きがあります。

過剰な皮脂分泌をおさえるには
角質層の潤いを保ち、
適度な油分が必要なのです。

適度な油分ってどのくらい?

乳液量

 

朝のお手入れはまず洗顔から。
酸化した皮脂膜をきれいに洗い流しましょう。

化粧水はコットンに500円玉大程度の量をぬります。
コットンでぬることで、
肌のすみずみまで水分が行き渡り、
水分が浸透すると、肌が冷たくなります。
これが浸透のサインです。

化粧水の後には乳液で
かならず油分を補給してあげましょう。
水分が蒸散しないようラップしてあげるのです。

乳液は朝は大豆粒1つ分程度。
夜はその倍の量です。
たくさん塗るとべたべたしますが、
このくらいの量だとツヤが出る程度です。

過剰な皮脂分泌を防ぐには
朝、この3つのお手入れを省かないことが大切です。

どうしてもべたべた脂性肌で困っている!そんな時は...

お手入れを気をつけてもべたべたが止まらない...
そんな時は
リンパの流れが滞り、
老廃物がお顔に停滞しているのかも。

そんな時は
キャトルフィーユのフェイシャルエステで
リンパを流しましょう。
脂性肌のお客さまも普通肌に変化してきています。

優しいタッチのマッサージで
リラックス&すっきり。
老廃物が流れることで小顔効果もあります。

キャトルフィーユのフェイシャルエステは
50分2,160円。
気軽に通えるサロンです。

 今すぐ!エステを予約しましょう
お顔がべたべた、もやもやしていたら
フェイシャルエステしましょう!

 

お店情報はこちらから

《美肌レッスン》

場所 大阪府堺市北区百舌鳥赤畑町4丁
     226-2なかコーポ101

所要時間約45分
使用化粧品 メナード イルネージュシリーズ
費用 無料
持ち物 なし
要予約  072-253-1118

アメブロはこちら

エステのご予約のお問合せはこちらから

求人記事はこちら

SNSでもご購読できます。