薄毛対策は夏前の今からが勝ち!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは

お肌は親友 お肌はこころ
堺市北区のエステセラピスト 松本千依です。

いつも読んでいただき、
ありがとうございます。

人の印象って
お顔より
髪の方が大きく影響するんです。

薄毛1

髪の若さを保つために
まずは自分の頭頂を
見て見ましょう!

やばくないですか?

 

42才から白髪が急にふえた

写真は45才女性です。
もともと髪は細く
白髪が急に増えたのは
42才の時だそう。

分け目が広がり、
頭皮が固そうで、
光っています。

特に頭皮を意識もせず、
お風呂上がりに
ドライヤーで乾かすだけだったそう。

毎年夏の終わりになると
こわくなるほどの
抜け毛だったそう。

こわくなるほどの抜け毛を減らすには

夏の終わりの抜け毛を
防ぐには
夏前からのケアが必須です。

ほんとうは
一生髪の量を減らしたくなければ
365日の抜け毛ケアをして欲しいです。

まずは毎日ブラッシングをして
血行をよくします。

頭皮を軟らかく
うるおった状態に
保つには

育毛液をつかって
マッサージを
毎日することが大切です。

育毛液を塗ってから
ブラッシングをするのも
おすすめです。

頭皮がじわーっと
温かくなって、
育毛液が浸透しているのが
わかります。

育毛液は40代になったらマストアイテム

育毛液なんて、
男性の使う物
なんて考えはもう古い!

女性だって

精神ストレスや肉体疲労、
ホルモンの変化、
まちがったヘアケアなどで

お肌と同じくらいに
頭皮も老化しています。

髪の畑に
しっかりと栄養を与えましょう。

初めての育毛液で頭皮マッサージ

タオルドライ後の
しめった状態の時に
育毛液をぬります。

とくに頭頂の薄毛の
気になるところに
重点的に塗ります。

おでこの生え際も忘れずに。

両手の親指を
首の後ろの頭蓋骨に
ひっかけます。

前から後ろへ
小さならせんを描くように
マッサージします。

頭頂部から
こめかみまで
ゆっくりらせんを描きながら
マッサージします。

親指で
頭蓋骨の端にある
風致というツボも
一緒に刺激するので

ほら、きもちいいでしょ!

髪の美容液(流さないトリートメントなど)
を毛先にぬって
くしでときます。

くしでとくことで
美容液成分が
髪全体に行き渡るようにします。

ドライヤーは20センチ離して

20センチ離して
やさしいタッチで
頭皮をこするように
乾かします。

そうすることで
髪の根元が
起き上がり、

ふんわりとした
仕上がりになります。

分け目も気にならない
ふんわりした
ツヤ髪は

毎日のケアで
手に入ります。

夏の紫外線も
できるだけ避けましょう。

帽子や日傘も必須アイテムです。

 

今すぐ!エステと美肌レッスンを予約しましょう!
頭皮マッサージもレッスンしましょう!

 

お店情報はこちらから

《美肌レッスン》

場所 大阪府堺市北区百舌鳥赤畑町4丁
     226-2なかコーポ101

所要時間約45分
使用化粧品 メナード イルネージュシリーズ
費用 無料
持ち物 なし
要予約  072-253-1118

エステのご予約のお問合せはこちらから

 

SNSでもご購読できます。