泡でお顔を洗うには

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

こんにちは

お肌は親友 お肌はこころ
堺市三国ヶ丘のエステセラピスト 松本千依です

お肌のお手入れ
【きほんのき】

ウォッシング (洗顔)

泡立てってめんどうでしょうか。

泡でお顔を洗うには

サロンで美肌レッスンすると
泡立てレッスン時が
一番盛り上がります。

芽吹きの季節とともにやってくる
大気の汚れは
私たちの肌の上にも
降りそそいでいます。

毛穴やキメの細かいところの
汚れをきれいに洗い流すには?

 

クリームタイプの洗顔料

おすすめはクリーム状の洗顔料です。
(歯磨きのチューブのようなもの)

小指の第一関節の量
それを手で泡立てていきます。

手で泡立てる

水、またはぬるま湯を
どんどんたして、

のの字をかくように
手のひらの上で

空気を含ませながら
軽く泡立てていきます。

これを繰り返して

テニスボール一個分の泡にします。
キメの細かい泡です。

ネットを使うのはダメですか?

美肌レッスンでの
良くある質問です。

ネットは泡のきめ細かさが
手で泡立てるそれよりも
大きいのです。

そして、
ネットを使ったあと、

天日干ししないと
ネット自体に
雑菌が繁殖します。

キッチンのおふきんと
同じですね。

おふきんも
清潔を保つため

洗って熱湯消毒して
天日干しします。

きれいにするために
洗顔するのに
雑菌をつけたくないですよね。

濃厚でキメ細かく
弾力のある
もこもこの泡は

毛穴や肌のキメにもぐり込み、
汚れを浮かせて
からめとります。

これだけの細かい泡は
お肌の古い
死んだはがれ落ちる角質も
からめとってくれます。

そうすると
洗い終わったお顔は
透明感とみずみずしさのある

きれいな肌になっています。

うるおい洗顔

という言葉を
よく聞きませんか。

今は
汚れを落とすだけの洗顔ではなく、

うるおいを保ち、
うるおいを与えて
スキンケアしてくれる、

優秀な洗顔料を選ぶべきです。

どうせ洗い流す物だから。。。と、
こだわり無く選んだりするのではなく、

テニスボール大の
濃密泡ができる
洗顔料をおすすめします。

洗顔は毎日するのだから、
そこにスキンケアも組み込んで
あなたのお肌を美肌にみちびきましょう。

洗い流しもとても大切です。

おでこの生え際、こめかみ、
目尻のシワ、ほうれい線、
あご周辺は

とくに気をつけて
洗い流しましょう。

泡が残ると
肌荒れにつながります。

お子さんの肌が
荒れてるな~

と感じたら、

洗い流しを確認してあげてください。

けっこう
ささっと雑になってることが
あります。

わたしはいつも
10代の方には
年齢と同じ回数、
洗い流してみて

とお伝えしています。

やってみると、
今までの洗い流しが、
3~5回でフィニッシュしてたって
ことに気づいてくれます。

丁寧にあらいながすこと。
これも洗顔には大切なことです。

水の温度も大切です。

冷たすぎると
洗顔料の泡立ちが悪くなり、
熱すぎると
大切な皮脂膜まであらいながしてしまいます。

結果、
洗うことで肌を荒らしてしまいます。

ぬるま湯で
あらいながしましょう。

ぜひサロンで無料の
美肌レッスンをうけてください。

クレンジングからウオッシング、
美顔マッサージ、
ローション、
ミルクローション、
クリーム

までの基本のお手入れをマスターできます。

毎日のルーチンワークで
美肌が手に入る。
素敵な時間ですね。

美肌レッスン

所要時間約45分

使用化粧品 メナード イルネージュシリーズ  

要予約  072-253-1118

費用 無料

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントは停止中です。